海外音楽評論・論文紹介

音楽に関するレビューや学術論文の和訳、紹介をするブログです。

エクスペリメンタル

<Bandcamp Album of the Day>Senyawa, “Alkisah”

Alkisah by Senyawa Wukier Suryadiの自作楽器とRully Shabaraの多彩な声が特徴のインドネシアの二人組Senyawaは、ジャワのフォーク音楽――古代のメロディ、秘術的なリズム、弓でかき鳴らされる弦楽器――と即興演奏、過激なヴォーカルのスタイル、ヘヴィな雰囲…

<Bandcamp Album of the Day>Kizis, “Tidibàbide / Turn”

Tidibàbide / Turn by Kìzis Kizisが『Tidibàbide / Turn』でコラボレートしたアーティストは膨大な数である。多岐にわたる、3時間半の大作の中で、Kizisーー以前はMich Cotaとして活動していた、アルゴンキン語族の「Two-Spirit(先住民の“第三の性”)」の…

<Bandcamp Album of the Day>Yu Su, “Yellow River Blue”

Yellow River Blue by Yu Su バンクーバーを拠点にしている音楽家=Yu Suはこのデビュー・アルバム『Yellow River Blue』で、ダウンテンポ・ハウスとアンビエント・ダブの狭間でゆらぎながら、このアーティストがここ数年の間に確立してきた丁寧に角がとられ…

<Bandcamp Album of the Day>Patricia Brennan, “Maquishti”

Maquishti by Patricia Brennan マレット打楽器奏者/即興演奏者/作曲家のPatricia Brennanはこの『Maquishti』において、彼女が受けてきたクラシック音楽の訓練の厳格な規律の外側に広がっている芸術的な自由を追い求めている。このタイトルはナワトル語で…

<Bandcamp Album of the Day>Luke Titus, “Plasma”

Plasma by Luke Titus Luke Titusは十代の頃からシカゴのヒップホップ、アヴァンギャルド・ジャズのシーンの神童であり、この世のものとは思えないほどのドラムのスキル、そしてNoname、Phoelix、Sen Morimoto、Ravyn Lenaeといったアーティストとの立派な共…

<Bandcamp Album of the Day>Heather Trost, “Petrichor”

Petrichor by Heather Trost Heather Trostはこの想像力を掻き立てるアルバム『Petrichor』において、サイケデリック・ポップに遊び心あふれる実験的な装飾を織り合わせた奇妙なパッチワークを編んでいて、自然界の美しさへの畏敬の念に満ちた彼女の愛らしい…

<Bandcamp Album of the Day>Lunch Money Life, “Immersion Chamber”

Immersion Chamber by Lunch Money Life Lunch Money Lifeがそのデビュー・アルバムのタイトルを『Immersion Chamber』と名付けたとき、彼らは自分たちの孤立した部屋(=chamber)につけられることになろうとは思っていなかった。リリースから2週間後、イギ…

<Bandcamp Album of the Day>Sen Morimoto, “Sen Morimoto”

Sen Morimoto by Sen Morimoto シカゴを拠点とする実験的なヴォーカリストにしてマルチ楽器奏者=Sen Morimotoは2作目となるこのセルフ・タイトル作の大半をトランジットの間に書き上げ、それ故にこのアルバムは、身体的にも感情的にもなにか2つのものの間に…

<Bandcamp Album of the Day>Oliver Coates, “skins n slime”

skins n slime by Oliver Coates Oliver Coatesは彼の世代で最も注目されているクラシック音楽家の一人である。ロンドンの王立音楽アカデミーを記録的な成績で卒業した若きチェリストである彼の演奏はあなたもどこかで耳にしているはずだーー映画のサントラ…

<Bandcamp Album of the Day>Eartheater, “Phoenix: Flames Are Dew Upon My Skin”

Phoenix: Flames Are Dew Upon My Skin by Eartheater Eartheater名義の作品の中で、Alex Drewchinは「変身」を重要視している。彼女の楽曲はクラシックの作曲、未来的なエフェクト、自然主義的なフォーク、クラブ・ミュージックのプロダクション、技巧派の…

<Bandcamp Album of the Day>Cryostasium feat. MEIKO (メイコ), “Project:00”

Project​:​00 (プロジェクト00) by Cryostasium feat. MEIKO (メイコ) 2004年に発明されて以来、ボーカロイドはオートチューンのめちゃくちゃキュートないとことして機能してきた。これらのアニメアバターによる人工音声のボックスは、人間の歌唱の正確性と…

<Bandcamp Album of the Day>Phew, “Vertigo KO”

Vertigo KO by Phew ヒロミ・モリタニは40年近くに渡り、アンダーグラウンドな日本の音楽の中で決定的な道を歩んできた。彼女はAunt Sallyという、サイケデリアやピアノ・ワルツ、ノイズ、あるいはNico風の憂鬱さまでも楽曲に取り込んだ、他のSex Pistolsフ…

<Bandcamp Album of the Day>Duval Timothy, “Help”

Help by Duval Timothy ロンドン生まれのピアニストであり、マルチな領域で活躍するアーティスト=Duval Timothyによる最新作『Help』はジャズとコンテンポラリー・エレクトロニカを結合し、その楽曲の中では大陸間の奴隷貿易からメンタルヘルスの試練までに…

<Bandcamp Album of the Day>Abyss X, “Innuendo”

INNUENDO by Abyss X クレタ島出身のプロデューサーでシンガーでもあるAbyss Xは、このデビュー・フル・アルバム『INNUENDO』において、一連のダークで、断片のようなランドスケープの上にその堂々とした弾性のあるヴォーカルを塗りつけている。彼女はこれま…

<Bandcamp Album of the Day>Swarvy, “Sunny Days Blue”

SUNNY DAYS BLUE by SWARVY ここ10年で、Swarvyは一つのサウンドやジャンルにとどまることのない、信頼の置けるプロデューサーとなった。彼がよく知られたラップやR&Bを自身のビートにブレンドしようが、自身が作り上げたジャズやソウルを中心に添えた編曲で…

<Bandcamp Album of the Day>C. Diab, “White Whale”

White Whale by C. Diab 謎多きC. Diabの3作目となる『White Whale』を聴いていると、あなたは限りなく根本的な疑問を抱くようになるかもしれない。このバンドには何人いるのか? そして何を演奏しているのか? そしてこの音楽のジャンルには果たしてどんな…

<Bandcamp Album of the Day>Bill Nace, “Both”

Both by Bill Nace ギタリスト・Bill Naceはこの15年間、ロックと即興演奏、そして純粋なノイズが交わる交差点に居続けてきた。彼には未解明の緊張状態を好む傾向があった:彼は共作者たちに静かな不安とともに演奏するように強いるが、それと同じくらいの頻…

<Bandcamp Album of the Day>Kaitlyn Aurelia Smith, “The Mosaic Of Transformation”

The Mosaic Of Transformation by Kaitlyn Aurelia Smith Kaitlyn Aurelia Smithが作る音楽は、予め迷子になるように設計されている――曲ごとに催眠度を増していく、浮力のあるシンセと瞑想的なマントラが作り出す結晶質の世界。大抵の場合はじゃまにならない…

<Bandcamp Album Of The Day>Various Artists, “Doom Mix, Vol. IV”

Doom Mix Vol. IV by Various Artists 2017年に『Doom Mix』シリーズの第一弾がリリースされた時、それは美的な目的もそうだが実用的な目的を果たしているように思われた。Tarkamt、Jeremy Bible、HOTT MTといったまだ好事家たちに補足される前のアヴァン・…

<Bandcamp Album Of The Day>Clarice Jensen, ”The Experience of Repetition is Death”

The experience of repetition as death by Clarice Jensen チェロ奏者/作曲家のClarice Jensenの音楽は没入感が強烈で、その中で迷子になってしまうことも簡単である。彼女の根気強い「チェロの星座(“Chello Constellations”)」―彼女の初期の楽曲タイト…

<Bandcamp Album Of The Day>Various Artists, “INTENTA: Experimental & Electronic Music From Switzerland 1981-1993”

INTENTA Experimental & Electronic Music from Switzerland 1981-93 by Various Artists DécaléレーベルのMatthias OrsettとMaxi FischerはLes Disques Bongo Joeと共同でこのチャーミングな「驚異の部屋」を編纂した。両レーベルは入念な発掘作業にフォー…

<Bandcamp Album Of The Day>Axebreaker, “Vigilance”

Vigilance by Axebreaker Locrian、Holy Circle、Brutalistとしての作品で知られるボルチモアを拠点とするノイズ・アーティスト、Terence Hannumの最新作はその政治的なアジェンダを率直にさらけ出している。Axebreakerはアンチ・ファシストを標榜するパワー…

<Bandcamp Album Of The Day>Svitlana Nianio & Oleksandr Yurchenko, “Znayesh Yak? Rozkazhy”

night-school.bandcamp.com Svitlana NianioとOleksandr Yurchenkoによる1996年の共作『Znayesh Yak? Rozkazhy』を鑑賞するにあたって、その起源を知る必要はない。むしろ知っていないほうが、このような超世俗的な録音物の存在をすこし重たい歴史から解き放…